2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
スポーツ報知より転載

----------------------------------------------------------------
日本航空の機長(45)が昨年12月、国際線運航中に女性客室乗務員(28)を機長席に座らせ、記念撮影をしていたことが12日、分かった。2月末に内部調査で事態を把握した日航は、2人に口頭で厳重注意。自動操縦中で安全性に影響はなかったものの、「不適切な行為」として国交省に経過を報告、2人を業務から外した。

 上空1万メートルのコックピットで、禁断の“激写”が行われていた。舞台となったのは昨年12月3日夜(現地時間)、乗客乗員190人を乗せ、ロンドン・ヒースロー空港を離陸し、関西空港に向かっていた422便(ボーイング777-200型機)。離陸の6時間後、シベリアの空を飛んでいるときだった。

 日航広報部によると、トイレに立ってコックピットに戻った機長が、飲み物を運んできていた客室乗務員に「機長席に座ったことがあるか?」と質問。自身が座る前に、客室乗務員を機長席に座らせ、自身のデジタルカメラで2枚撮影した。

 初体験の客室乗務員は、思わず操縦かんに手を添えポーズ。内部調査に対し「座ったのは1分以内だと思う」と話しているという。2人は以前から顔見知りだったわけではないという。

 飛行機のコックピットは、進行方向に向かって左側が機長席、右側が副操縦士席。手前にドアがあるが、内側から鍵がかかっており、客室乗務員でも自由に出入りはできない。

 客室乗務員は機長らから電話連絡を受けると、希望通りの飲み物などを持ってコックピットへ向かい、周囲に不審人物などが潜んでいないか確認したうえで中に入る。「飲み物を置いたらすぐ戻る、機長席には座らない、なんていうのは常識で、規定するまでもないと思っていた」と、広報担当者もあきれ気味に話した。

 2人はともに「反省している」と話しており、自宅待機中。機長は「まじめで評判がよく、冷静沈着な人柄」だったが、行政処分の可能性も。客室乗務員は4、5年の経験があり「勤務態度も悪くなかった」という。居合わせた副操縦士(34)は「よくないと思ったが、止められなかった」と話し、こちらも厳重注意を受けた。

 ◆日本航空お騒がせメモ

 ▼暴行 昨年12月、副操縦士の長池俊作容疑者(28)が、東京・目黒区の路上で、タクシーのバンパーをけり、男性運転手(57)の顔を数回殴り、あごの骨を折るなどのけがをさせた疑いで、警視庁碑文谷署に逮捕された。酒に酔っており「覚えていない」と供述。

 ▼盗聴 今年2月、パイロットの野村昌弘容疑者(39)が、以前交際していた客室乗務員の女性(34)の自宅に無断で盗聴器を設置したとして、電波法違反の疑いで警視庁玉川署に逮捕された。「彼女が自分のことを、どう思っているか知りたかった」と供述。

 ▼自粛 本社が2月7日に「再生中期プラン」を発表。今後のリストラ策で痛みを強いる社員に範を示すため、本社役員用個室をすべて撤廃し、役員の社有車の使用も廃止。社長の個室がなくなるのは、51年の創業以来初。               転載終
----------------------------------------------------------------
あちゃあ。。副操縦士もいたというのに。。しかも操縦かんまで握って。。。。まさか違うものを握ってたんじゃないだろうなぁ。。座っていたのも機長席ではなくて機長の膝の上だとか。。ありえないことじゃない。。羨ましい・・・・じゃなくて、アホ!!

昔のJALはエリートでANAを見下していたものなぁ。まさかあの大企業のJALがここので地に落ちるとは。やはり、国に守られて安閑と胡坐をかいているような企業は、いくら図体がでかくても、いつかは淘汰されて死に体になっちゃうんだなぁ。人間、奢っちゃいけない。どんなときも初心忘るべからず。
スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://funkybravo.blog88.fc2.com/tb.php/97-ae429a04

浩二ペルー戦に招集、初のオシム日本
情報NAVIGATION 2007-03-14 Wed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。