2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
時々、拝見しているブログに「きくちゆみのブログとポッドキャスト 」がある。2/8に掲載された、米国内でのタクシーの運転手さんの話が出ています。運転手さんはカメルーン出身の移民。冷静に世界と自国の状況を見ているな、と思いました。

以下転載
タブリさん(通称ティー)は、カメルーン出身で一年の4ヶ月ぐらいをアメリカでタクシーの運転手をして稼ぎ、3人の妻、10人の子どもたちを養っているお父さんです。妻が3人というので、てっきりイスラム教徒かと思ったらそうではなくて、アフリカではキリスト教やイスラム教が入ってくる前から複数の妻を持つのが伝統なのだそうです。1人しか妻がいない人は「弱い男」とみなされるとか。

そんな話から始まったのですが、いろいろ話が弾んで、彼があまりに見事に核心をついたことをつぎつぎ言うので、思わず荷物の底からコンピュータを取り出し、みなさんにポッドキャストで聞いてもらうことにしました。

録音できなかった部分にも、もっと面白いこぼれ話がありました。

たとえば、こんなお話。

1、アメリカでもみんな複数の妻をもっているよ、1人は家に、2人目は愛人、3人目は愛人としてね。ただ隠してやっているだけさ。アフリカも西洋世界も同じ。隠さないほうが健全だよ。

2、子どもを育てたことがあるなら、2歳ぐらいの赤ちゃんがなんでも「これわたし(僕)の!(this is mine!)」、と主張するのを知っているだろう?人類の歴史からみたらアメリカは若い国。まだ赤ん坊なのさ。だからなんでも「マイン、マイン(自分のものだ)」と主張して、全部自分のものにしたがるのさ。そのために大事な自然を壊し、人の命を奪ってね。早くもう少し大人になってほしいよ。アメリカはもっと歴史の古い国々、アジアやアフリカから学ばないといけないよ。

3、私のカメルーンの故郷ではホームレスもお腹をすかせた人もひとりもいない。なぜなら余った食べ物は全部分かち合うからさ。村の中心になる一番大きな木の上にツリーハウスをつくって、余った食糧はそこに集めて、足りない人たちはそこから自由にとるという習慣が今でも残っているからさ。アメリカは一番豊かな国なのに、ホームレスや飢えた人だらけだよ。悲しいね。分かち合うというあたりまえのことをしないで、自分だけ肥え太ろうとするからさ。貪欲は身を滅ぼし、地球を滅ぼすよ。
転載終

特に3の「人間同士で分かち合う」部分はとても素晴らしい。アメリカや日本とカメルーンを比較したら、どちらが人間的か、どちらが幸せか、何が豊かなのか、よ~く分かる気がする。アメリカや日本は確かに先進国で世界の中心かもしれない。でも、それが何だっていうのか。先進国で世界の中心だと、幸せなのか?偉いことなのか?まったく違うと思う。成れの果てが自国の利益、もっと言えば自分の経営する系列の企業に利潤をもたらす為だけに戦争をしかけて、大量に人を殺し続ける国。それに従順なポチとなり、へーこらシッポを振って付いていく国。騙しと嘘と苛めの充満した、分かち合うことも出来ない国。それがアメリカであり、日本だ。人間として日本人でいることが恥ずかしくなって仕方ない。
スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://funkybravo.blog88.fc2.com/tb.php/65-0aa27da9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。