2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
力士が法廷に、八百長疑惑報道で相撲協会が提訴へ 読売新聞

大相撲の八百長疑惑を報じた週刊誌の記事で名誉を傷つけられたとして、日本相撲協会は8日、発行元の講談社や記事の筆者などを相手取り、損害賠償と謝罪広告の掲載を求める民事訴訟を起こすことを決めた。

 同協会のほか、疑惑を指摘された横綱朝青龍ら力士が原告となり、今月中にも東京地裁に提訴する。

 問題の記事は、先月下旬から3週に渡って「週刊現代」に掲載され、朝青龍の昨年九州場所、今年初場所の取組の大部分について、八百長疑惑を指摘。相撲協会は記事掲載後、名前の挙がった力士などから事情を聴いたが、全員が潔白を主張していた。

 相撲協会は、1996年5月、八百長疑惑を報じた別の週刊誌を発行する出版社などを名誉棄損で刑事告訴。しかし、記事の中で証言した元親方が死亡したため、不起訴で決着した。00年にも元力士が講演などで八百長相撲の存在を明かしたが、この時は「時間の浪費」として法的措置は見送られた。相撲協会の伊佐次啓二・顧問弁護士は「報道がエスカレートしないように、毅然とした対応を取ることにした。何人かの力士は、法廷に行ってもらうことになる」と説明した。

 週刊現代編集部は「(記事の)内容に自信を持っている。」としている。

大相撲のいわゆる「八百長疑惑」は、今に始まったことではない。柏鵬時代の昭和38年には、柏戸と大鵬の両横綱の千秋楽での全勝同士の対戦(柏戸の勝ち)に対し、作家の石原慎太郎氏(現東京都知事)が「八百長相撲だ」と物言いをつけて一騒動があったり、昭和55年には、ある週刊誌に元十両の力士が「大相撲には八百長が存在する」と告発したりなど、八百長問題はその度毎に大きな問題となり、いつしか消えていった。しかし、先述の週刊誌は、その後も八百長の追及を続け、今でも断続的に告発記事を書いている。小学館発行の「週刊ポスト」である。 相撲協会はこれらに告発記事について、始めは徹底して「無視」を決め込んだ。「大相撲には八百長はあり得ない」。この一言ですべての問題を片付け、マスコミも「ポスト」などの一部週刊誌を除いて、深くは追求しなかった。しかし、平成8年に、元大鳴戸親方が「ポスト」に告発記事を書いた頃から、事態は急変することになる。 元大鳴戸親方は先述の会見をした板井氏の師匠で、彼の現役時代の八百長とのかかわりを師匠の立場から告発するとともに、板井氏が八百長の中心人物として目をつけられており、平成3年に彼が引退する際に、年寄株(親方になれる権利のこと)を借りられたはずが当時の二子山理事長(元横綱初代若乃花)のツルの一声でムリヤリ廃業させられたことや、元親方が現役時代(関脇高鉄山)に横綱北の富士(現NHK相撲解説者)の八百長工作に東奔西走したことや、自身が角界を去る際に年寄株の売却で3億円もの大金を手に入れたにもかかわらず、領収書もなく、また税金も一切かからないというずさんな「脱税行為」など、大相撲の「裏面」を次々と明らかにしていった。  元親方の「ポスト」での告発記事は14回にも及び、記事の内容は角界と暴力団との関係や、マリファナの問題などエスカレートするばかりであった。そして元親方は、告発連載の集大成ともいうべき暴露本の出版の準備を始め、また4月26日には元親方の告発を裏付ける証言を続けてきた元力士で後援者の橋本成一郎氏とともに、日本外国特派員協会で会見する予定になっていた。ところが、その会見が目前に迫った4月14日、元親方と橋本氏は、同じ日に、同じ病院で、同じ原因不明の肺炎でそろって死亡してしまったのである。あまりの偶然に、一時は他殺説も流れたほどであった(この二人の怪死については、今年の「正論」9月号の安部譲二氏の「日本怪死人列伝第2回」に興味深い記載がある)。それから約1ヵ月後の5月22日、相撲協会はようやく重い腰を上げ、「ポスト」の記事の一部に対して東京地検へ名誉毀損で刑事告訴をしたのである。結論から先に言えば、この告訴は2年後の平成10年3月26日に不起訴処分になった。告発者の二人が死亡している以上、真実の立証は事実上不可能であり、名誉毀損の成立は見込めなかったからである。そしてこの頃から大相撲の人気は低下していった。不起訴処分後に行われた同年の夏場所は、出だしから入場券が売れ残り、実に28年ぶりに「満員御礼」の垂れ幕が下がらない寂しい初日になってしまった。その後も地方場所ですら大阪の春場所を除いて満員にならないなど観客数の減少が顕著になり、また新弟子の入門者も減るなど、今年に入って次々と新大関が誕生しているにもかかわらず、角界は人気低迷から脱却できずにいる。その一方で週刊誌の告発記事は盛んに続けられ、今年の板井氏の「証言」により、これまで八百長の記事が少なかった他の週刊誌までがこの問題を取り上げるようになった。これらの騒ぎは協会にも飛び火し、東京の国技館や相撲部屋近辺に右翼の街宣車が横行する始末であった。業を煮やした協会は、今年の4月25日、時津風理事長(元大関豊山)が国技館で記者会見し、「大相撲には八百長はあり得ない」というこれまでの見解を繰り返し、板井氏の発言を全面否定した。しかし、これだけの大きな騒ぎを引き起こした張本人の板井氏に対して、なぜか法的手段には訴えないという。 無実であるなら、なぜ告訴をしないのであろうか。

スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://funkybravo.blog88.fc2.com/tb.php/49-eab45855

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。