2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
以下、2月3日10時0分配信 日刊ゲンダイより転載
粉飾決算を問われている日興コーディアルグループは30日、特別調査委員会(委員長・日野正晴元金融監督庁長官)の報告書を発表した。「利益操作が組織的に行われた」「有村純一前社長に重大な経営責任がある」との中身で、結構、踏み込んでいたが、その一方で、新たな疑惑が浮上した。日興の粉飾は05年3月決算期だけでなく、06年3月期決算にも疑惑があり、粉飾の総額は1230億円にも及ぶというのだ。

 新たな疑惑を報じたのは明日発売の月刊現代。日興の粉飾を一昨年暮れにスクープしたジャーナリスト・町田徹氏のリポートだ。それによると、日興の粉飾疑惑はいくつもある。まず、05年3月期決算で日興の孫会社、日興プリンシパル・インベストメント・ホールディングス(NPIH)を不正に連結対象から外し、この孫会社が抱えていたベルシステム24の株の実質的な評価損930億円を簿外に飛ばしたこと。ベル株はその後、日興の100%子会社、日興プリンシパル・インベストメント(NPI)に移され、06年3月期決算では、300億円の評価益が計上され、それを連結に取り込んだ疑いがあること。差し引き1230億円もの利益が不正に計上されたことになるのである。町田徹氏が言う。

「本来ならば、日興は孫会社が持つベル株について、05年3月期決算で、930億円の評価損を連結決算で計上すべきでした。それを簿外にしたうえに、翌年は連結対象にして、評価益だけを取った。典型的ないいとこ取りの粉飾のパターンです」
 日興コーディアルはこの粉飾で黒字になり、役員報酬を増額させた。疑惑の責任者は有村純一前社長で、粉飾決算、背任、株価操縦といくつもの罪状が思い浮かぶ。しかも、町田リポートによると、有村氏は「(自分は)安倍首相と同郷で家族ぐるみの付き合いだから、当局が自分に手を出せるわけがない」とうそぶいていたというのである。
「これが本当だとしたら、よくぞ、言ったものです。金融庁は疑惑の幕引きをしたいのかもしれないが、そうはいかない。悪質な飛ばしや利益水増しが明らかになった以上、東証だって上場廃止にせざるを得ないだろうし、野党議員も手ぐすねをひいている。当局は逮捕を視野に動き出すはずだし、監査法人もタダではすまないと思います」(金融庁関係者)
 安倍首相の友達も覚悟しておいた方がいい。

こう見てみると、ライブドアの野口さんの変死事件に始まって、オジャマモンの耐震偽装問題や、アパの耐震偽装問題でもチラリチラリと阿部心臓の影がちらついているが、今度もやはり上記の日興コーディアルの事件(中身はライブドア事件の巨大バージョンであり、何で逮捕されないのかが不思議)でも、アベチャンの仲良しグループが出てきた。民主党も「女性は機械」のことばかり吼えていないで、予算委員会でここいらの問題を徹底的に追及するべきだろう。上記の様々な事件の中で関わった人が多数死んでいる(自殺か他殺か?)まるでロシアの様な恐ろしい感覚と同様のものを感じてしまうのは決して俺だけではないのでは?

都合の悪いことはもみ消してしまおう。都合の悪い人間は存在すら抹殺してしまおう。的な事がまかり通って本当にいいのか?!にほんブログ村 政治ブログへ
スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://funkybravo.blog88.fc2.com/tb.php/38-6209c79b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。