2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
以下、2月1日10時38分配信 毎日新聞記事より(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070201-00000021-mai-pol)

 安倍内閣の支持率下落が止まらない。毎日新聞の先週末(27~28日)の全国世論調査では前回から6ポイント減の40%。「産む機械発言」で揺れる柳沢伯夫厚生労働相問題でさらに追い打ちをかけている状態だ。だが、この支持率の数値、1週間前の読売新聞の調査では48%と高かった。どうして報道各社によって違う数字が出るのか。【田村佳子】
 1月のほかの報道機関の内閣支持率を見ると、朝日新聞39%、NHK51%。各社ばらばらの印象だが、まず異なるのは調査時期だ。朝日は読売と同じ20~21日の調査で、NHKは6~8日の実施。NHKは、不明朗な政治資金処理の問題が今ほど広がりを見せる前だったため、高い数字が出たと見られる。もし、今、行ったとすれば、柳沢発言の影響でさらに低下する可能性は高い。
 ちなみに各社同じタイミングで行った昨年12月の数字を比較すると、毎日、朝日、NHKが46%、47%、48%でほぼ並ぶ。ただし、読売は56%。それ以前の調査を見ても、読売の支持率は、ほとんど毎回、頭一つ高い。

 理由として指摘できるのは、読売は「面接調査」、毎日を含む3社は「電話調査」と調査方法が違うこと。面接と電話で差が出ることは研究者による実証研究でも明らかにされている。また「無回答」など、支持・不支持以外の回答の数字が3社よりも読売の方が常に低い傾向があるが、調査員から面と向かって尋ねられると、あいまいには答えにくいためとみられる。
 では、面接と電話とではどちらが正確なのか。世論調査に詳しい埼玉大の松本正生教授(政治学)は「どちらが正しく、どちらが間違いとは言えない。世論調査は、社会の傾向を示すもの。数字の比較は同じ報道機関の同じ質問の変化を見る時にだけ意味がある。支持率の上下する時期や増減の幅は各社とも一致しており、世論の傾向や変化をとらえているという点では、どの調査も正しい」というわけだ。
 「現代メディアと政治――劇場社会のジャーナリズムと政治」の著書がある早稲田大の谷藤悦史教授(政治学)は「近年の世論は主流に擦り寄る傾向が非常に強い。支持率が落ち始め、今は『安倍内閣を評価しないこと』が主流だと人々が見始めると、世論全体がその方向に傾斜して行ってしまう」と分析する。
 「安倍は売り」が今のトレンド。とはいえ、かつて小泉純一郎前首相が安倍氏を自民党幹事長に起用し、劇的に支持率を回復させた例もある。きっかけ一つで支持・不支持が急転するのも、最近の世論の特徴だ。 以上転載終わり

まあ、新聞各社の支持率の違いは調査方法の違いもさることながら、常に讀賣新聞の支持率が頭一つ支持率が高いなんてーのは、安陪内閣大好きの渡辺ミッチーが君臨している以上は仕方のないことだろう。大新聞が私情を挟んで記事を捏造するなんてーのは、ミッチーにしてみりゃお茶の子サイサイだろう。裁判員制度の問題での「ヤラセ」を実施してきた産経新聞も信頼できないし、特に電通なんてーのは、最低の会社だ。癒着とヤラセと捏造のアカデミー賞は電通だろう。
こんな会社がマスコミ・メディアを仕切っているこの国では正確な情報はなかなか入手できない。悲しいかな、独裁国家の北の国と何ら変わらない。個人的な印象だが、比較的なまともなのは東京新聞、時事通信社、ギリギリ朝日新聞って所だろうか。
インターネットで支持率等を調査しているサイトがあるが、あべ心臓内閣の支持率なんて、たったの10%だ。
考えようによっては、10%も支持する人がいるなんて、逆に信じられない。まだまだ表に表れていないアベ心臓の裏の顔が表沙汰になっていないとはいえ、表で見ているアベ心臓を見ているだけだって、とてもとても支持できる代物じゃあないわさ。やはり生まれた瞬間からボンボン育ちで世間の荒波も庶民の生活も避けて通ってきて、おじいちゃまとパパにお金の力によって立派なレールを敷いてもらった心臓少年は、何苦労なくスクスクスクとボンボンのまんま大人になった。癒着企業の電通の関係で奥方をゲットし、どうも女性の扱いにも不慣れな感じがする。外遊から夫婦で帰国する際に飛行機のタラップから降りてくるときに、お手手つないで降りてくるのだけは、ホンマにやめて欲しい。何か無理やりやってるきがして見ていて恥ずかしくなる。対面や見た目ばっかりカッコつけるのはやめて、泥臭く行って欲しいものだが、まぁ、ボンボンには無理だろうなぁ。頭の中はいつもカラッポでな~~も深く考えず、他人が作った政策や資料をしゃべるだけだから、話に深みがないし薄っぺらだ。数え上げたらきりがない彼の裏の恐ろしい部分がマスメディアが徹底追及していったら、この内閣なんてひとたまりもないだろう。あっという間に空中分解して遂に独裁政治に終止符が打たれることになるだろう。っていうかそうならないと日本の将来はない。柳沢厚生大臣がトンデモ発言をして内閣はガタガタになっている。与党内部からも「辞任要求」で出始めている。まだまだ引っ張って辞任しないで欲しいものだ。選挙の近くまで辞任せず、燃焼し続けていけばこれ幸いに参院選では大敗を帰すだろう。はーやくコイコイ参院選。
にほんブログ村 トラコミュ 安倍内閣へ
安倍内閣
スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://funkybravo.blog88.fc2.com/tb.php/35-460ea4f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。