2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

「社内処分で会見なし」TBS役員19人こっそり処分

 TBSが一連の番組不祥事の責任を負う形で、役員19人の減俸など計32人をこっそりと懲戒処分にしていたことが5日分かった。処分は3日付だったが、同局は処分内容を自主公表しておらず、報道機関としての説明責任の姿勢に疑問の声が上がっている。

 TBSは処分内容を社内で発表しているが、社外に向けては自主公表していない。「社内の処分については、これまでも発表してこなかった。会見などを行う予定はないが、問い合わせには答えている」(広報部担当者)としている。

 こうした姿勢に放送評論家の志賀信夫氏は厳しい見方だ。

 「処分が下った時点で視聴者に説明すべきだった。一連の問題にTBSは非を認め、謝罪をしている。ならば、それらに対して責任を取ったことも、番組などで自主公表するのは当然。視聴者とともに番組、会社を作っているという感覚が欠如しているのではないか」


一連の番組不祥事、コソコソと役員の処分をして視聴者への説明は一切なし。報道機関としてサイテーだ。視聴者への説明ナシで社内的な処分で済まそうという考えは、根本的に反省の気持ちは感じられない。

この会社、下のリンクでも分るように捏造、やらせ、盗聴、偽装、隠蔽のオンパレードの会社だ。事故を起こしても公表もせず、警察への通報もしない。つまり、隠蔽するのだ。知られなければ、自分に都合の悪いことは闇に葬ろうという体質の会社なのである。その集大成が今回のコソコソ処分と言えるだろう。

こんなサイテー報道機関「TBS」は報道、およびジャーナリズムから手を引いたほうがいい。驚きのTBS不祥事の数々を見てみよう。

オウム真理教を凶行に走らせてTBSのビデオ事件

都知事テロップ捏造事件

「オウム10年目の真実」やらせ事件

「ダッグアウト」での盗用、そして偽装工作事件

白インゲン豆 ダイエット事件

TBS「KUNOICHI」収録中に感電事故 総務省や警察、消防当局に通報せず

TBSまた不祥事 2ちゃん映像「捏造」 (HEROでのヌルヌル秋山を擁護する方向へ世論を向けようとした捏造掲示板2ちゃんねる問題)

新SASUKE2007での芸人事故 マタマタ総務省や警察、消防当局に通報せず

江口ともみ腎臓を損傷摘出事故事件 安全に対する警告がありながら強行

『スポーツマンNo.1決定戦 芸能人サバイバルバトル』骨折事故事故の公表や警察への通報せず

ハニカミ王子の同伴競技者への盗聴依頼事件

そして極めつけの

みのもんた「朝ズバ!」不二家捏造事件

その他 探せば幾らでも出てくる出てくる。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://funkybravo.blog88.fc2.com/tb.php/313-f9534d5a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。