2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

ナント、これだけ世の中を騒がせている政治資金報告書。各所でチェックする動きが広がる中、信じられない自体が起きた自治体がある。こんなていの良い証拠隠滅が全国に広がらないことを祈るしかない。


政治資金報告書 573件誤廃棄 道選管十勝支所

 【帯広】道選管事務局十勝支所(帯広)は二十日、十勝管内の政治団体から二○○四年に受理した政治資金収支報告書計五百七十三件を誤って廃棄したと発表した。

 同支所によると、廃棄されたのは十勝管内選出の国会議員や市長村議の政治団体から受理した収支報告書。八月に情報開示請求を受け確認したところ、報告書がなくなっていることに気付き、担当職員への調査で今年六月に焼却処分していたことが分かった。

 政治団体の収支報告書は政治資金規正法により、公開した日から三年間、保存することが義務づけられている。しかし、担当職員五人は文書の整理をした際、保存期間が約四カ月残っているのにもかかわらず、期間が過ぎていると勘違いして処分したという。道選管事務局によると、道内では○二年にも、胆振支所で収支報告書の誤廃棄が判明している。同事務局は「今後、誤廃棄がないよう徹底したい」としている。


まさか、ズルしていた政治家の指示で「ワザと焼却した」ってことはないよねぇ。過去にもやってるみたいだけど。「今後、誤廃棄がないよう徹底したい」ってあたりまえだろ!報告書の保管場所を考えたほうがいいよ。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://funkybravo.blog88.fc2.com/tb.php/299-08a0b948

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。