2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

相撲協会から2場所の出場停止と謹慎の処分を突きつけられた朝青龍は、あんなにモンゴルで中田ヒデと伸び伸びと楽しくサッカーに高じていたとはとても思えない、「うつ病の一歩手前」だと言う。

浴室で暴れたて他の力士に怪我を負わせたり、稽古でプロレスの技をかけて豊ノ島に怪我を負わせたり、勝手にモンゴルに帰ってしまったりと、大人気なく横綱らしからぬ言動が度重なっていたわけで、今回の巡業をサボってモンゴルでサッカーに興じるなんてーのは、親方朝潮からすれば予想も出来ていたことなのではないか?

たまたまメディアで取り上げられたから、大問題になったけど、メディアで取り上げられなきゃ素通りしていたわけで、本人にも下手すりゃ朝潮太郎にだって罪の意識が無かったんではないか?

腐りきっている相撲界だから、マスコミで騒がれた結果、徹底した処分を出すことが世間に対するポーズだったってわけだ。

それにしても、相撲協会の理事長「北の湖」にしろ、朝潮太郎にしろこれだけ世間で騒がれているのに一向に記者会見を開かないってどーいうこと?相撲ファンに対しても国民に対してもこれまでの経緯や処分に対して、説明する義務があるんじゃないの?

処分が出た途端に「うつ病 一歩手前」っていう柔な横綱は、到底この先も「うつ病一歩手前」になの可能性も高いから、この際廃業させてモンゴルのママの元へ返したほうが、いいんじゃないかな?

今は立派な「白鵬」という横綱がいるんだから。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://funkybravo.blog88.fc2.com/tb.php/288-49431bcd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。