2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
殆どの国民が「美しい国」というアベチンゾーのキャッチフレーズが抽象的過ぎて理解できてないし、女子高校生からも「意味わかんないし~」と言われまくっている大不評の「美しい国」

とうとう仲間内の自民党議員からも講演会で「最低!!」と罵られた。そもそも具体的なキャッチフレーズだとボロが出ちゃうから、跡でゴマカシが利く抽象的表現にしたんだけど、まさか身内からここまでハッキリ言われるとは思ってなかったんだろうね。

この発言を聞いたらチンゾー君はオボッチヤマ君だから、間違いなくキレると予想していたら、やはり思ったとおりだ。

ナント、当初は四国四件に応援演説をする予定だったんだけど、問題発言の田村議員のところだけ村八分にしたのである。残りの徳島、香川、愛媛3県だけで応援演説を行ってとっとと東京へ帰ってしまったのである。

ま、田村氏にしてみりゃ、人気劇低のチンゾー君なんから応援に来られてワケワカラン「うちゅくしいくに」とか演説されたら自分への投票にも影響すると思って批判すればチンゾー君が怒って来ないだろうと踏んだんだろう。

思惑通りチンゾー君は高知県を避けたのである。それにしてもアベチンゾー、ケツノ穴が小さいよなぁ。やはり、スクスクスクと回りにちやほやと大切に大切に育てられてきて、

厳しい世間の風に当たるような苦労をしてこなかったんだから、仕方ないとは思うけど、そんな頼りないヤツを総理大臣に祭り上げるってコイズミと自民党の議員たちってどんな神経してるんだろう。おまけに選んだ閣僚は軒並み問題児ばかり。

「原爆は仕方ない」発言が問題化したと思った途端「アルツハイマー」発言をした麻生ボンボン(苦労知らず)

どうやら、またまた農林水産副大臣がオドロキ発言をしたみたいだ。いやはやアベを頂点として徹底的に最低な今の政府を早急に解体しないと取り返しのつかない「汚れた国」へなってしまう。

首相ムカッ!?応援演説中止 「美しい国、よく分からん」 高知の自民候補

安倍晋三首相(自民党総裁)は19日、参院選の全国遊説で週内に予定していた高知入りを見送ることを決めた。自民党公認で高知選挙区から三選を目指す田村公平氏(60)が演説会で首相の政権運営を指弾したためで、身内からの批判に異例の対応を取った形だ。  田村氏は16日の高知市内での演説会などで、首相のキャッチフレーズの「美しい国」について「意味がよく分からない」と指摘。首相の高知入り予定に触れ「(選挙を)心配するなら予算という名の銭を持ってこいと言いたい。そうではなくて、絵に描いたような『美しい国日本』で応援に来られて、適当なことを言われたら、ばかにしているのかと思ってしまう」と強調した。  15日に高知を訪れた中川秀直幹事長に関しても「中川氏は(演説で)『高知の農産物を高知空港から上海に売ったらいい』と言ったが、どこに上海行きの便があるのか。高知空港のどこに検疫所があるのか。わやにすな(ばかにするなの意)と言いたい」と述べた。  これを受け、当初は四国4県を回る予定だった首相は、20日に徳島、香川、愛媛3県だけで応援演説することにした。 (東京新聞)

スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://funkybravo.blog88.fc2.com/tb.php/271-8851fd42

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。