2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
女性をこんな表現で表した方は、柳沢伯夫厚生労働相だ。
以下北海道新聞より引用
(松江市で開かれた自民県議の決起集会で、「産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」と女性を機械に例えて少子化問題を解説した。

 柳沢氏は「これからの年金・福祉・医療の展望について」と題し約30分間講演。出生率の低下に言及し「機械って言っちゃ申し訳ないけど」「機械って言ってごめんなさいね」との言葉を挟みながら、「15-50歳の女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」と述べた。

 厚労省は昨年12月、人口推計を下方修正。この時、柳沢氏は「子どもを持ちたいという若い人たちは多い。その希望に応えられるよう、できる限りの努力をしていきたい」と話していた。)

大臣は普段からの女性に対する考え方が、思わず言葉として飛び出したのだろう。いくら後から訂正したとしても、大臣の人間性は訂正できない。こんな低俗な考え方の輩が少子化対策の先頭に立っているなんて情けないことこの上ない。阿部心臓総理が「ホワイトカラーエグゼンプションによって残業が少なくなれば、少子化になる」なんて短絡的なことをのたまったことを考えると、今の政府の人たちはなーーーーんにもわかってない!!って感じだ。
にほんブログ村 政治ブログへ



スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://funkybravo.blog88.fc2.com/tb.php/27-bd13f635

柳沢伯夫柳澤 伯夫(やなぎさわ はくお、報道等では柳沢 伯夫とも、1935年8月18日?)は、昭和・平成期の日本の政治家。自由民主党 (日本)|自由民主党所属の衆議院議員
yuunaの記録 2007-01-30 Tue
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。