2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
今日から年金記録の第三者委員会への審査申込みが始まった。
今日一日で受付したのは全国で382件だったらしい。第三者委員会では領収証などの直接の証拠がなくても家計簿や日記などでも「一応確からしい」ということで記録の訂正を実施するらしい。
これからどの位の申し込みがされていくのかは全くわからないが、5000万件の宙に浮いた記録の存在からすれば、例えば5000万件の内5%と少なく見積もっても250万件となる。
今日の報道を見ていると今日の受付された人たちの第三者委員会からの回答は3ヶ月後位だという。

おいおいオーーーーイ!たった382件で3カ月もかかっちゃうのかよ!
っつーーーことは何かい?もし250万件の受付があったら何カ月かかるんだい?????

じゃあ、計算してみよう

2500000÷382=6544  6544×3か月=19632か月

そーかそーか。19632カ月ね。。なーる。。。。

おいおいおーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!永いだろ永いだろ
19632か月って何年だい?

19632カ月÷12=
1636年  そーかそーか。1636年待てば、回答が出るのかい。
あーーー良かった。。。

おいおいおーーーーーーーい!
バカ野郎!1636年も待ったら、生きてらんないだろ!
その前に第三者委員会のメンバー見てもどう考えたってせいぜい長生きしたって10年未満ちゃうんか?

せめて、てめー達が生きてる間には回答出せよ。どんなに譲歩しても10年だな、10年。
つまり

2500000÷10=250000/年間 1年間に25万件の回答。

250000÷12=2万件/月 1か月で2万件の回答が必要ってこと。

20000÷30=700件  つまり、今日受け付けた分は半日で処理しろっつーこと!

計算すりゃ、すぐわかるんだから、もっと効率的にやる方法をビシッと考えろよ、頭いいのが揃ってるんだから。。

それはそーと、年金の財源の行方はどうなっとんの?
今まで過去に徴収した年金の総額がいくらで、支払った年金がいくらで、社保庁の無駄遣いによって損失した額がいくらで、自分たちの貰った給与がいくらで、天下りの官僚たちにいくら払ったのか?そして現在の残高はいくらで、財源はだれがどこで管理しているのか?
企業でいえば貸借対照表と損益計算書みたいなもの、当然国民に知らせるべきでしょう。刻々と変化しているだろうから月次で決算書を出してwebでもいーから、閲覧できるようにするべきじゃないの?これだけ大問題になっているのに、政府自民党は「一年以内にやります!」ってバカの一つ覚えに吠えてるだけで、現在の貸借対照表を出そうとしない。恐らく選挙前なので、とてもとても国民に発表できない恐ろしい裏事情があるのでしょう。じゃなきゃ、堂々と発表して国民を安心させて、選挙にも有利に進めるでしょうから。それをひた隠しにしていることこそ、
超ど級の大問題を社保庁がかかえているとしか思えない!
スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://funkybravo.blog88.fc2.com/tb.php/265-fc9cb93f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。