2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

森喜朗元首相が、新幹線新駅の建設凍結を掲げている滋賀県の嘉田由紀子知事について「ああ女の人だなあ。やっぱり視野が狭いなあ」と発言した。「失言」ともいえる中身を受けネット上では、「男か女かは関係ない」「小池(防衛)大臣が就任したばかりなのに」「滋賀県の有権者を冒涜している」といった批判が出ている。嘉田知事を応援している社民党滋賀県連合も激怒している。

嘉田知事は「問題の本質は、民主主義や地方自治の在り方にある」ブログによると、森元首相発言については「コメントできない」そうだ

   京都新聞07年7月11日付けによると、森元首相は07年7月9日に富山市内で行った講演で新幹線の新駅建設問題にふれ、滋賀県の嘉田知事について、「『駅をつくるのはもったいない』と言って当選した知事がいる」と指摘。「ああ女の人だなあ。やっぱり視野が狭いなあ」と発言した。

   問題になっているのは、北陸新幹線を関西圏へ延ばす際に滋賀県栗東市に新駅を作る計画。利用客が少なく経済効果が期待できず、さらに、自治体が負担する工事費が重いとして、嘉田知事が新駅凍結を公約し、06年7月の知事選に当選した。森元首相はそれがおもしろくないらしく、富山の講演で
「(新駅がないと)滋賀県が恩恵に浴するのは米原しかなくなる。そこまで考えて施策はやらないといけない」と批判した。
   一方、嘉田知事のブログ「かだ便り」(07年7月10日付け)によると、同日朝の定例記者会見で記者から森発言について質問された。「発言の文脈がわからないので、(女性蔑視かどうか)コメントできない。新駅問題の本質は、動き出した公共事業を有権者の1票に込めた思いが止めたという、民主主義や地方自治の在り方にある、と述べさせていただきました」と書き、「男だ、女だ」とは無縁の話であり、あくまで凍結は有権者が決めたものと説明している。

社民党滋賀県連合は怒りを隠さず
 森元首相の発言についてブログを検索すると、森元首相を批判する記事が多く見られる。
「公約に男も女もあるかい!?民意に男も女もあるかい!?一国の首相を務めた者がそれもわからんのか」
「森喜朗元首相と自民党は滋賀県民を敵に回したことになり、更には"女性蔑視"とも受け取れるコメントだけに、全国の女性を敵に回したとも思える」

   嘉田知事は無所属だが社民党の応援を受けている。社民党滋賀県連合は怒りを隠せないようで、J-CASTニュースの取材に対し、この問題はもっとマスコミが大きく取り上げるべきだとし、「女性のみなさん全体に対する(侮辱)発言だ。バタバタしているこの時期なので、落ち着いたら…いや、何を発言したか訴えていく!」

と話した。
   森元首相が「オンナは視野が狭い」と発言した真意は何なのか。森衆議院事務所に取材を申し込んだが、「森は地方に出ていまして、なかなか連絡がとれない状態です」とし、07年7月12日18時現在、コメントは得られていない。


森喜朗元首相がマタマタ視野の狭い短絡的な失言を放った。
元々、考え方が浅はかで、とても総理大臣の器ではなくけつの穴の小さい輩だからあまり驚くことはないが、定期便のように発せれらるブッたまげ失言に、ずっこけてしまった。
滋賀県の嘉田由紀子知事について「オンナは視野が狭い」 と女性蔑視の発言をしたものだ。
言葉を発する前に頭の中で計算ができないのである。
過去に遡ってこの男の失言を羅列してみよう。(これらの失言も氷山の一角である。その証拠に総理大臣になってマスコミの注目度があがった2000年度は異常に多い)

1988年  「大阪人は金儲けばかりに走り、公共心も選挙への関心もなくした。言葉は悪いが、たんつぼだ」
1995年  「村山首相は『過渡的内閣には限界がある』と洩らしている」
2000年  「選挙運動で行くと農家の皆さんが家の中に入っちゃうんです。なんかエイズが来たように思われて…」
2000年  イタリアを訪れた際に当時ローマで活躍していたサッカーの中田英寿らを招いて会食。「日本代表は、アウェーで韓国に勝ったことがないんだよ」と発言したが、すぐに中田から「え? ありますよ!」と強く訂正される。中田は森と2人での写真撮影を拒否したという。
2000年  当時存命中であった坂田道太元衆議院議長について「亡くなられた坂田さん」と発言
2000年  日本の国、まさに天皇を中心としている神の国であるぞということを国民の皆さんにしっかりと承知をしていただく」
2000年  。「まだ(投票態度を)決めていない人が40%ぐらいいる。最後の2日間にどういう投票行動をするか。そのまま、その人たちが関心がないと言って寝ていてくれればいいが、そうもいかないでしょうね。」
2000年   「九州・沖縄サミット」のことを「沖縄万博」と連呼
2000年  ラグビーのオーストラリア代表チーム、ワラビーズの歓迎レセプションで、「日本代表は未来永劫ワールドカップを抱くことはできない」と発言
2000年  IT革命(アイティーかくめい)のことをイット革命と述べたり、開発途上国会議で「電気がなくともiモードは使える」
2003年  「子どもを一人も産まなかった女性が自由を謳歌して、老後は税金で面倒を見ろというのは本当はおかしい」
2005年  武部勤が森に対し「森派に入会させてほしい」と依頼していたことを、森本人がテレビにて明らかにした。しかし、武部は「依頼した事実はない」と反論
2007年  「女の方だなあ、やっぱり(視野が)狭いなあと思った」
最近は、トント影が薄くなってやることなすこと、アホっぽいシンキロウ氏であるが、貴方がしゃべるとウザいだけで、まして影響力も低いのだから、税金の無駄遣いはやめてとっとと政界を引退してほしいものです。
こんな男の影響を受けたコイズミもアベチンゾーも同類の浅はかな総理の器でない野郎であることは言うまでもありません。
スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://funkybravo.blog88.fc2.com/tb.php/258-03e05dd4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。