2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  


ムーディーズの日本国の格付けは上記の通りである。
長期国債に対する格付けであり、国債を湯水のように発行し続けてきた先送り官僚主義の日本歴代政府の最大の失政の証である。
格付け会社がムーディーズにしろS&Pにしろ、米国企業というのが気分が悪いが、まぁ、格付けとしては妥当なところなのだろう。
なんと、日本はボツワナやチリより下位レベル。イスラエルと同等である。勿論、先進7カ国(G7)中は当然最低である。アベチンゾー政権では「骨太の方針2007」では歳出削減に踏み込むことをせず、危機感が無さ過ぎる。このままズルズルと的確な手を打っていかない限り、世界中の信用を無くし、得意の「美しい国 日本」から「借金まみれの国 日本」の方が似つかわしい国になるだろう。
スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://funkybravo.blog88.fc2.com/tb.php/241-3bed5006

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。