2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
衝撃的な松岡大臣の自殺の報道が飛び交った。大臣になってからというもの、光熱水費を手始めに、NPO法人問題、100万円献金問題と常に金に関わる疑惑の追及を受けてはノラリクラリと交わしてきた松岡大臣。遂には官が主導で長年にわたり談合して国民の税金を食い物にしてきた企業からの多額の献金が明らかになり、強気の姿勢を崩していなかったが、地元熊本にまで捜査の手が及んでいるのを知り、最後はあっけなく自らの命を絶った(報道では自殺とされているが・・)ネット上では自殺説、他殺説と色々と飛び交っているようであるが、私自身は経過を見ていて自殺なのでは?と考えている。元々は西の鈴木宗男と言われ、コイズミ政権下では反対勢力の急先鋒でもあり、郵政民営化には真っ向から反対していた。しかし、アベチンゾー政権になる過程で手のひらを返すような方向転換を図り、チンゾーに認められて間違って大臣になってしまった。本質的には決してワルではないのだと思う。彼の大きな敗因はアベチンゾーへの奉公へ転換したことであろう。自分に対して降りかかってくる火の粉を裏からの汚い手でもみ消し、ゴマカし続けて存続させる未だかつて無い強権政治の持ち主のアベチンゾー。アベチンゾーのワルぶりを見た松岡氏は彼のわずかなワルの心に火をつけてしまったのだろう。ある意味被害者だ。
しかし、疑惑は疑惑であり、当人が亡くなったから解決したものでも何も無い。松岡大臣の死を無駄にしない為にも、全てを明らかにしなくてはいけない。光熱水費問題を始め、談合疑獄に関しても徹底した捜査と解明が必要ある。特に談合問題は緑資源機構の問題だけではなく、中央官庁に蔓延る悪の枢軸なのだ。検察は多方面からの圧力に屈せず、全ての談合・天下りの構造疑惑を世に晒すべきだ。当然、内閣は総辞職して選挙で国民に信を問う時期に来ている。官僚と天下り、政治化との癒着を含めた構造的な悪の枢軸の膿を出し切り、リセットする時期に来ているのだ。
今日も最後まで読んでいただきどうもありがとうございます。
宜しければ、クリックをお願いします_ _;↓↓

人気blogランキングへ
スポンサーサイト
造花
from: URL  2008-09-20 Sat  [ Edit ]
ポータブルオーディオ
ポータブルオーディオを探すなら http://www.hvrdesigns.com/211742/200147/
from: URL  2008-09-20 Sat  [ Edit ]

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://funkybravo.blog88.fc2.com/tb.php/192-0d09a451

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。