2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
やっぱりな。独立行政法人というから薄々はそうだと思ったけど、こんなところにも天下りハイエナ達が群がっていたなんて。恥ずかしくないのかねぇ。ハイエナ官僚ってーのは、いつもいつも美味しい汁を吸うための題材を探しているから、こんな所にも蔓延っているんだろう。今回の死亡事故を受けて天下り官僚達の氏名を公開すべきじゃないのかね。官僚の名を下に美味しい汁を吸って来たのなら、不祥事を起こしたらサッサと逃げないで元公人として謝罪すべきなんじゃないの?殺された女子高生も浮かばれないよ、こんな天下りたちの為に殺されたわけだから。

殺人コースター事件の深層
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/coaster_accident/story/
12gendainet02031791/

 GWの行楽客を恐怖のドン底に突き落としたジェットコースター脱線事故。現場の遊園地「エキスポランド」は、1970年に開催された大阪万博の跡地「万博記念公園」の一角にある。260ヘクタールもの広大な公園を所有するのは、独立行政法人「日本万国博覧会記念機構」。その正体は、エキスポランドと万博利権を分け合ってきた官僚の天下り組織である。


 記念機構の前身「万博記念協会」が設立されたのは、大阪万博の翌年のこと。以来、30年以上の長きにわたり、万博にかかわった旧大蔵省、旧自治省、旧通産省のOBが理事や理事長ポストに連綿と天下ってきた。

「中でも理事長ポストをほぼ独占してきたのが、大蔵OBです。彼らは万博で残った遊戯施設の管理・運営をエキスポランドに35年間も随意契約で丸投げし、濡れ手で粟の家賃収入を手にしてきたのです」(関係者)

 記念機構のオイシイ商売は、エキスポランドとの“家賃契約”をみれば、一目瞭然だ。通常は、年間の入園料と駐車料の1%を手にすることができる。その金額が遊園地の敷地面積分の固定資産税に満たない場合でも、エキスポランドが不足分を負担するのだ。

 そのため、記念機構はピーク時に6億円の収入を上げ、エキスポランドの入場者数がジリ貧傾向の今でも固定資産税分の年1億5、6000万円が黙っていても転がり込んでくる。

「遊戯施設をそっくり頂き、土地取得コストを一切かけず、入園料を稼いできたのだから、エキスポランド側もウハウハだった。記念機構とエキスポランドは一蓮托生の関係です」(関係者)

 記念機構は05年の独立行政法人化に伴い、大蔵省大臣官房参事官などを歴任した森田衛理事長の後任に、初の民間登用としてNTTデータ関西代表取締役の中井昭夫氏を迎え入れた。それでも、東京税関長を務めた大蔵OBの藤原啓司氏が理事としてブラ下がり、年1000万円を軽く超える報酬を得ている。

 19歳の命を奪った惨事の裏で天下り官僚は甘い汁を吸い続けている。


スポンサーサイト
正に人の命をなんとも思ってない無責任な経営者だね?
from:koquim48 URL  2007-05-13 Sun  [ Edit ]

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://funkybravo.blog88.fc2.com/tb.php/171-5827ee44

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。