2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
ヒルズ・エレベーター火災 「あり得ない」異常事態
http://www.j-cast.com/2007/04/27007267.html


 東京・六本木ヒルズの「森タワー」で火災が起きたエレベーターのワイヤの表面は、赤さびに覆われていた。事故機の「日本オーチス・エレベータ」(東京・中央区)社製のエレベーターは、同ビル内のほかの1基にも深刻なワイヤの一部破断があった。行政関係者や業者が「あり得ない」とあきれる異常事態だ。定期検査とは何だったのか。

国土交通省は2007年4月26日、日本オーチス社が管理する5万6,000基の緊急点検を、各自治体を通じて指示した。同社の点検や管理がずさんだったことが火災の一因とみての措置だ。同日、ビルを管理する「森ビル」とオーチス幹部も国土交通省で会見を開いた。オーチス幹部は「ワイヤの状態が汚れで見えにくくなっていた」と認めた。

「定期検査では何も見てなかったのと同じ」
「定期検査では何も見ていなかったのと同じ」「相当以前から放置していたはず」
火災が発生した4月4日直前の3月22日に終えたばかりの法定の定期検査について、国土交通省関係者らが大手新聞社に語っている。「汚れを取らなければ傷は見つけられない」とも指摘している。同ビルは2003年4月に開業。2007年6月にワイヤを交換する計画だった。「あと2,3カ月で交換という意識が働いたのかも」と指摘する関西のメンテナンス業者も「というよりも、1年かそこらほっといても(報道の写真でみる限り)あそこまでさびで汚れるだろうか」と不思議がる。

国交省の調べでは、ワイヤの一部が破断し、他の金具とこすれ合って発生した火花が原因とみられている。問題なのは、この破断が「ストランド」と呼ばれる束ごと切れたことだ。ワイヤを作るには、素線とよばれる細い鉄線を19本より合わせ、1束(ストランド)をつくり、さらにこのストランド8束でワイヤ1本となる。ワイヤ8本でエレベーター1基を支えている。検査基準では箇所により数値は変動するが、束以前の素線が何本か切れた段階でロープ全体を交換するよう求めている。束ごとの破断は「普通に点検していればありえない」と国土交通省も複数のメンテ業者も口をそろえる。

社団法人日本エレベータ協会(東京・港区)によると、「(事故機は)上かごと下かごを同時に動かす大型タイプで国内でも数カ所しかない」という。ワイヤが切れても安全装置が働き落下することはないそうだ。

メンテナンス要員はほとんど増えていない
エレベーターのワイヤが赤さびに覆われるというのは、そんなに異常事態なのか。火災を調査した日本建築設備・昇降機センターは「ワイヤの磨耗した粉のさびやほこりが固まり、本来見えるべき縄目が見えないほどだった」と説明する。日本オーチスによると、「摩擦ででる粉がさびて赤く見えた部分があったが、ワイヤ自体がさびたとは考えていない」。関西のあるメンテナンス業者に話を聞くと「赤さびが表面に目立つなんてそんな事態ありえないですね、普通」と答えた後、「でも、どこかの業者がずさんな管理をしているのではないかと心配はしていました」と続けた。なぜ「ありえない」のか。

ワイヤは芯の麻の部分に油をしみ込ませ、周囲に鉄線をより合わせる。中から油がしみ出てさびないような構造になっている。空気の流れや温度などにより油が乾燥することもあり、月に1回以上の保守点検で、油を表面から塗る場合もある。東京の業者は「メンテナンスの基本はそうじに始まりそうじに終わる」と話す。破断の発見の遅れを招くことなどに直結するからだ。

では「心配していた」とはどういうことか。業者の中には、温度などのデータを機械で「遠隔監視点検」し、「月ごとの点検をしたことにする社もある」という。人の目による点検を毎月ではなく、数ヶ月に1回にしているという訳だ。東京を中心に新しい大型ビルが増え、エレベーターも増えているが、メンテナンス要員は「ほとんど増えていない」。「時間がない」とこぼす同業者の声を耳にし、「大丈夫なのか」と思っていたという。日本オーチスは、J-CASTの取材に対し、「森ビルには駐在事務所もあり、目視点検をしている」と答えた。

日本オーチスは26日の会見でも、3月の定期検査では目視での点検をしていたと明言している。シンドラー社製エレベーターによる死亡事故が起きたのは2006年6月。再びエレベーターの安全性が問われる事態となった。


スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://funkybravo.blog88.fc2.com/tb.php/154-50b1517f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。