2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
残り一週間!
東京は変われるのか??それとも・・・・・

以下、東京新聞より転載都知事選 本紙世論調査 石原氏依然リード 2007年4月2日 朝刊

 八日に投開票される東京都知事選で、東京新聞は一日、都内の有権者を対象に実施した二回目の世論調査の結果をまとめた。三選を目指す無所属で現職の石原慎太郎氏(74)が選挙戦を有利に進めてリードを保ち、無所属で前宮城県知事の浅野史郎氏(59)が追う展開。共産党推薦で元足立区長の吉田万三氏(59)と諸派で建築家の黒川紀章氏(73)らが続いている。ただ、誰に投票するかを決めていない人などが五割近くおり、選挙の終盤まで情勢は流動的だ。 

 調査は三月三十日-一日の三日間実施。

 77・3%が都知事選で「必ず投票に行く」と答えており、「なるべく行く」人を加えると92・6%に上った。

 告示前の三月十六-十八日に実施した前回調査と比べ、石原、浅野両氏の差は拡大している。

 今回の調査では、両氏の差は、女性の方が大きく開いた。また、石原氏は各年代からまんべんなく支持を集め、特に六十代と七十代に強さを見せている。これに対し浅野氏は、四十代から六十代にかけて一定の支持を取り付けているが、二十代への浸透はいま一歩。吉田氏と黒川氏は各世代で伸び悩んでいる。

 都知事を選ぶ際に決め手となる政策を複数回答で聞いたところ、70・6%が「福祉、少子高齢化対策への取り組み」を挙げ、以下「教育」(63・5%)「環境」(61・5%)「治安・防災」(61・4%)の順。「五輪招致の是非」は33・1%にとどまった。

 今回の都知事選で争点に急浮上した築地市場(中央区)の江東区豊洲地区への移転問題では、「移転に賛成」「どちらかといえば賛成」が計26・8%。「反対」「どちらかといえば反対」は計49・6%で、反対が賛成を大きく上回った。賛成派の五割以上は石原氏を支持。反対派では石原氏と浅野氏の支持が拮抗(きっこう)している。

 調査の方法 無作為抽出の電話番号を使って、必要なサンプル数を得られるまで調査するRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)法で実施。都内の有権者を対象に実際の男女別、年代別の人口比に基づいたサンプル数を決め、3月30日-1日の3日間、計1000人から回答が得られるまで調査会社の調査員が電話で行った。

スポンサーサイト
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
from:   2007-04-02 Mon  [ Edit ]

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://funkybravo.blog88.fc2.com/tb.php/124-d012f514

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。