2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
有名焼き肉チェーン「叙々苑」(東京都港区)が商品パッケージに「黒毛和牛」と表示し、カタログやインターネットで販売したもも肉に交雑種を約8割混入させていたことが分かり、農林水産省は28日、同社に不適正表示の改善や再発防止策の実施などを指示した。
叙々苑は「カタログなどでは和牛の文字は使わず、国産牛と宣伝していた。使用肉が交雑種だとは分かっていたが、和牛と表示したのはパッケージだけなので問題ないと思った」としている。28日からインターネット販売を中止し「返金か代替商品の発送に応じる」としている。
 同省によると、問題となったのは2004年11月から今月にかけて計約2400セット販売した焼き肉セット「うまさ極上黒毛和牛」。
 このセットに使われたもも肉計約540キロのうち計約420キロが交雑種だった。さらにこのもも肉を「ロース」と不適正表示していた。東京都による表示確認調査で発覚した。
以上東京新聞より転載終

叙々苑と言えば明石家さんま等の芸能人が、TVの中で「叙々苑で焼肉食おう」などと、ネタにも使われるほどの有名店。正確には叙々苑が一般的な店舗で、芸能人御用達は「叙々苑 游玄亭」だ。大体カルビやロースで上となれば一皿2500~3000円という値段なので、安い焼肉屋の安い肉と比較したら8~10倍の価格差にはなる。勿論、和牛が主役となり間違っても狂牛米国牛肉や、オージービーフなどは使用していない。国産の厳選された和牛なので、安い焼肉屋と比較すると驚くほど旨い。これぞ焼肉!という感じで、俺も接待で使う位でとても自腹で食べるのは無理だ。
今回の表示不適正問題は、パッケージに「黒毛和牛」と表示していたのに実際の肉は「交雑種が約8割混入」というものだ。又カタログでは「和牛」の文字は使用せず「国産牛」と表示していた。この「国産牛」と「和牛」という表現が曲者で、知識の少ない人は「国産牛」=「日本国産」=「和牛と判断してしまう人も多くいる。ここで「国産牛」「和牛」の違いを整理して見よう。

①「和牛」というのは品種名で、産地とはまったく関係なく、黒毛和種、褐色和種、日本短角種、無角和種の4品種だけを示し、ほかの品種で使うことは禁止されています。

②品種に関係なく、一定期間以上、日本国内で飼育されれば、「国産牛」。日本で生まれた牛とは限らない。外国で生まれた牛でも、日本で3ヶ月以上育てれば、国産牛になる。国産牛の中には、和牛もあれば外国種も、さらには、本来乳牛であるホルスタインも含まれる。

ということだ。「和牛」は品種の名前だったんですね。
まぁ、俺の場合高級な和牛を食うより、旨い地鶏を食べながら焼酎のお湯割りを食べてるほうが好きなので、あんまり気にしない。自分の健康を維持するには高級な食材を使った食事よりも、質素でもうま味を引き出した健康志向の食材のほうが向いている。米国人に良く見られる下半身デブと樽の様なお腹にならないよう、質素な食生活に心がけましょう!



スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://funkybravo.blog88.fc2.com/tb.php/117-f4c42a7a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。