2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
自民党の中川昭一政調会長は24日、金沢市内で講演し、公務員制度改革をめぐる渡辺喜美行政改革担当相の手法について「自分は改革の旗手だ、安倍晋三首相も自民党も関係ないということがあるとすれば問題だ。郵政改革とは少し違う」と厳しく批判した。

 渡辺氏に対しては、片山虎之助参院幹事長も23日のテレビ番組で「張り切って走りすぎだ。党内の無用の混乱と反発は彼の言動にある」と指弾しており、“渡辺バッシング”の火の手は党執行部内にも広がった格好だ。

 講演で中川氏は、官僚の再就職あっせんを一元化する「新人材バンク」構想に関しても「国家のために頑張ろうとしている人に対し、性悪説で最初から天下りはけしからんと決め付けるのはいかがか。首相が目指すことよりもっともっと激しいことをやろうとしている」と指摘。「首相の目指すことをみんなで後押ししていくべきだ」と述べた。
NIKKEI.NETより転載終

酔っ払いの中川ボンボンが渡辺ボンボンを批判。どっちもボンボン同士だけど、今回は渡辺ボンボンを支援したい。片山虎之助も官僚に気を使っているのがアリアリと見てとれる。天下り・談合が日本の長い裏社会の利権構造であったわけで、借金まみれになってしまった元凶でもあるわけだ。今やらずして、いつやるのか?最終的にはアベ最強ボンボンの決断に委ねられるのだろうが、全く期待できまい。どうせ官僚との裏取引で骨抜きにされること必至だろう。渡辺ボンボンがどこまで信念を貫けるか、期待しないで見守っていく。
スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://funkybravo.blog88.fc2.com/tb.php/111-99a40769

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。