2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  
 原発をめぐるトラブルが相次いでいます。北陸電力の志賀原発で制御棒3本が抜け、臨界事故が起きていたことが、先週、明らかになったばかりですが、東北電力の女川原発と中部電力・浜岡原発でも、制御棒が抜けるトラブルが起きていたことが明らかになりました。幸い臨界状態にはならず、両社とも国への報告義務の対象ではないとして、公表していませんでした。
 「臨界状態ではなく、当時、原子炉の停止機能、いわゆるスクラム機能も確保されていた」(中部電力の会見)
 中部電力は1991年5月、浜岡原発3号機の定期検査中に、圧力弁の操作手順ミスで制御棒3本が抜けるトラブルが起きていたことを明らかにしました。
 また東北電力も、1988年7月に女川原発1号機で制御棒2本が抜けるトラブルがあったと公表しました。
 「法令対象でもなく、安全協定にも抵触しないということで、情報共有という観点もなく、外部には(トラブルを)知らせなかった」(東北電力の会見)
 いずれの場合も臨界事故など重大な事態には至らなかったため、国や地元に報告する義務はなかったと説明しています。
 「両社は今のルール上は報告する義務はなかったが、報告をしてきた」(経済産業省 北畑事務次官)
 経済産業省では各電力会社に対し、今月末までに過去の原発トラブルをすべて報告するよう求めていますが、今後、監視体制の見直しを求める声が高まりそうです。

NEWS EYEより転載終

原発の恐ろしさは今に始まったことではない。本当の原発の恐ろしさは旧ソ連のチェルノブイリ原発事故20070320111250.jpg

を思い起こすにつけ、背筋が凍る思いがする。今から20数年前に読んだ「東京に原発を 広瀬隆 著」を今一度読み返してみたいと思う(機会があれば是非読んで欲しいと思います)地球温暖化が叫ばれて、原発の優位性を声高に叫ぶ電力会社の人間がいる。しかし、今回のように一人か二人の一寸した油断により、臨界事故が起きるのである。つまり、地球温暖化のような地球規模の問題ではなく、僅かな気の緩んだ人間のミスによってそれこそ地球規模の大惨事が引き起こってしまうのである。何万人・何十万人の死亡者が出るかわからない。また、その事故が引き金で向こう何十年、何百年と放射能による遺伝の被害が受け継がれてしまうのである。そして汚染してしまった土地は向こう何万年という気の遠くなる期間、人間が立ち入ることが出来ない監理された地獄と化すのである。

昔から電力会社や国は原発の必要性と安全性を訴え続けてきた。又我々も原発の電力によって恩恵を受け続けている。しかし、安全性に関して言えば正に「東京に原発を」という事ではないだろうか?そんなに安全で管理体制も厳しいものであるならば、新宿の都庁前にや霞ヶ関の国会議事堂前、いやいや、土地が余っている都心といえば、皇居の中に多数の原発が作れるではないか。何故、地方の過疎地ばかりに持っていく?しかも恐ろしいほどの大枚をはたいて金で釣っている。それは万が一ということを考えているからに他ならない。財政の厳しい地方へ大金と引き換えに恐ろしい悪魔を住まわせる訳である。

世界的に見ると原発は減少傾向となっている。つまり削減する流れなのだ。そりゃぁ、そうだ。あの事故を目前にして、更に加速度的に原発推進している国の代表が日本国なのだ。つまり、脱原発は充分可能ということである。良く「現在の電力の40%は原発に頼っています」だから「これからも原発は必要です」とのコメントを目にする。この言葉に騙されてはいけない。原発=大利権なのである。東電=与党なのである。原発の危険に晒され続けても利権がある限り、金>命なのだ。最近の電力会社の隠蔽は目を覆うばかりである。「法令対象でもなく、安全協定にも抵触しないということで、情報共有という観点もなく、外部には(トラブルを)知らせなかった」とんでもない話だ。これだけ危険な悪魔を上手にコントロールし続けていくのがてめぇらの仕事だろ。どこの原発だって同じ悪魔なのだから、情報を共有することが事故やミスを事前に防ぐ唯一の方法だろ!自分の立場を守るが為に、その後に事故に繋がったらどう責任を取るというのだろう。電力会社の隠蔽体質は今に始まったものではないし、間違いなく100%今後も隠蔽は続いていく。そして一度起きたミスは間違いなく繰り返され、数年後か、十数年後か、第二のチェルノブイリ原発事故は起きてしまうだろう。取り返しが付かない事態が今、着々と秒を読んでいる。

参考文献「チェルノブイリからの伝言」20070320111238.jpg

是非読んでみてください。

日本国は人の命より金・体面を重んじる不幸な国なのだ
スポンサーサイト

コメント非表示
TrackBackURL↓
http://funkybravo.blog88.fc2.com/tb.php/108-984d4962

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。