2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  

親方『おまえらもやれ』 土気色の体に水や湯かけ 20分後に搬送承諾

 「おまえらもやってやれ」。夕食後自らビール瓶で殴ると、親方は兄弟子たちに命じた。時津風部屋で入門間もない時太山(ときたいざん)=当時(17)、本名斉藤俊(たかし)さん=が急死した問題。暴行や亡くなる直前の生々しい様子を部屋関係者が語った。 

 六月二十五日午前十一時ごろ、斉藤さんが逃亡したことに兄弟子らが気付いた。近くのコンビニ前にいるのを見つかり連れ戻される。兄弟子から殴られた。

 同日午後六時ごろ、夕食で「逃亡」の罰として斉藤さんは時津風親方の斜め後ろに正座させられた。斉藤さんが「心を入れ替えます。すみませんでした」と許しを求めると、兄弟子は「だまって正座しとけ」と怒鳴り、親方は「何十年も相撲界にいるが、おまえみたいに根性のないやつは初めてだ」と説教した。

 午後七時ごろ。親方は飲み終わったビール瓶で斉藤さんの体を数発殴った。最後に額のあたりを強めに殴り血が流れた。親方は兄弟子らに「おまえらもやってやれ」と指示。三人が「根性いれてきます」と言って、部屋の裏手や宿舎の外で三十分以上、素手や金属バットで暴行を加えた。

 兄弟子らは親方の前に連れて行き謝らせたが、親方は「駄目だ。何度おまえにだまされたか」と突き放した。

 翌二十六日。午前十時ごろにけいこが終わると、間もなく斉藤さんに対して「かわいがり」と呼ばれる集中的なぶつかりげいこが始まった。親方もそばで見ていた。

 親方は兄弟子たちに続けさせたまま、風呂と食事を終えて帰ってくると、「後はわしが面倒を見る。おまえらは風呂に入れ」と言い、けいこ場で斉藤さんと二人きりになった。その間約二十分。「あー」という斉藤さんのうめき声が聞こえた。

 午後零時半ごろ、斉藤さんが意識不明になり、壁にもたれぐったりしていた。かすかに息はあったが、あざもはっきりと浮き出て体全体が土気色になっていた。水をかけたが意識が戻らず、体も冷たくなってきたので、親方の「今度は温めよう」という指示で風呂場に運び湯をかけ始めた。弟子たちは「救急車、救急車」とざわつき始めたが、親方は呼ぼうとしなかった。湯でも意識が戻らず、親方もようやく救急車を呼ぶことを承諾。午後零時五十分に一一九番し、斉藤さんは病院に運ばれたが、午後二時十分に死亡した。

    ◇

 親方は、二日後の二十八日に、自分の部屋に関取衆を除く弟子らを呼び、暴行に金属バットが使われたことや自分が斉藤さんをビール瓶で殴ったことを漏らさないよう指示。その後、ほぼ連日、弟子らを集めて県警の聴取に何を聞かれ、話したかを詳細に報告させ、「みんなで供述を合わせよう」と口裏合わせを求めたという。

 ある弟子が金属バットについて話したと報告すると、親方は「なんで本当のことを言うんだ」としかったという。

東京新聞.com



このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

スポンサーサイト

福田、今度は不適切献金…1日に2度「汗顔の至り」

領収書改ざんが発覚した福田康夫首相に、今度は公職選挙法違反の可能性がある不適切献金問題が浮上した。「政治への信頼」を掲げた福田政権は、高い支持率でスタートしたが、週明けからの本格論戦を控え、「政治とカネ」問題が相次ぎ、暗雲が漂い始めた。

 新たなカネ問題は、福田首相が代表を務める「自民党群馬県第4選挙区支部」が、総選挙があった03年と05年、国の公共事業を受注している2つの企業から計220万円の献金を受けていたというもの。

 同支部の政治資金収支報告書によると、同県高崎市の清掃会社は03年10月27日と05年9月1日にそれぞれ100万円、静岡県の建設会社が03年11月3日と05年8月30日に各10万円を寄付した。03年の総選挙は10月28日、05年は8月30日が公示日だった。清掃会社は03年度と05年度に計約2億7000万円、建設会社は05年に約1億8000円の公共事業を受注した。

 公選法は、国と契約関係にある企業から国政選挙に関連して寄付を受けるのを禁じている。

 28日、同支部はこれらの寄付を全額返金し、福田首相は同日夜、記者団に「自分のところからこういう問題が出るのは誠に汗顔の至り」と、領収書改ざんの際と同様の言葉で弁明した。

 こうした事実を指摘されたのは9月に入り、玉沢徳一郎元農相、若林正俊農相、渡海紀三朗文科相に次いで4人目。いずれも「通常の政治献金の認識だった」などと釈明していた。だが、「選挙の時期に公選法を細部まで確認するのは基本。ずさんとのそしりは避けられない」(自民党ベテラン秘書)との声が上がる。

 福田首相には、130枚約820万円分の領収書の改ざんが判明している。領収書の5重計上で自民党を離党した玉沢氏は、日付を書き換える手口が「意図的だ」と前執行部に断罪された。首相は「利益を得たわけではない」と釈明したが、野党は「一国の首相がすることではない」(民主党若手)と批判する。

 カネの「出」で問題を指摘された福田首相。「入り」を06年分政治資金収支報告書でみてみると、資金管理団体「千代田経済懇話会」など4団体で1年間に集めた政治資金は9694万円で、宿敵・小沢一郎民主党代表(2億224万円)の半分以下だった。集金力では完敗のようだ。

夕刊フジより転載



このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

突然辞意を表明した安倍首相については、「週刊現代」が首相自身の政治団体を

利用した「脱税疑惑」を追及する取材を進めていた。

 同編集部によると、安倍首相は父晋太郎氏の死亡に伴い、相続した財産を政治団体に

寄付。相続税を免れた疑いがあるという。

 晋太郎氏は91年5月に死亡し、遺産総額は25億円に上るとされていた。編集部は

安倍首相サイドに質問状を送付し、12日午後2時が回答期限としており、15日発売号で

掲載する予定だったという。


まさか、世の中にこの事件が明るみになる前に辞職の道を選んだのだろうか?

いやはやもって、救い様が無い。

日本国民は不幸なことこの上ない。

明日は、週刊文春買わないと。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

あまりにも唐突に職責を投げ出したアベ陳。所信表明を述べた直後に投げ出すなんて、タダっ子がいいつけを守れなくなってオモチャを投げ出すのと似ている。どこまでも非国民主体だといえる。

アベ陳の辞職を受けて日経平均株価が若干上昇したけど、すぐに平常時に戻った。マーケットもアベ陳ごときが辞めても日本経済には何ら影響を受けないと判断した現れであろう。

辞意の理由を

「疲れた。政治的エネルギーが無くなった」
とマタマタ軽くノタマった様であるが、政治的エネルギーが無くなったのなら間違いなく政治家を辞めてくださいネ、アベ陳!

アベ陳とアッキーの見苦しい手つなぎショットを見ないですむと思うと、心が晴れるよ。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

20070911124420
らーめん、つけめん「里ちゃん」だ。
カウンター10席だけの、小さな店。つけ麺の大盛りが普通盛りと同価格の680円なので大盛りを発注。
厨房には片言の日本語のにーちゃん、一人。
大盛りは1.5倍か2倍が選べるとのこと。こいつは嬉しい。1.5倍を発注して暫し待つ。
意外に早く出来上がる。太麺でコシがある麺。モヤシがどっさり付いている。
汁はピリ辛で濃厚だけどサッパリした味。何のへんてつもない店構えにしては、旨い!次はピリ辛つけ麺か味噌つけ麺にトライしたい。
墨田区本所1-7-5
あの福知山線の「JR西日本による乗客大量殺人事件」の記憶がまだ鮮明であるこの時期に、ナントJR西日本の運転士が乗務中に「お絵かきロジック」に熱中していたのだ。 驚いた女子高校生に携帯電話の動画でバッチリと撮影されてしまった。 運転士が所属するJR西日本米子支社は「停車中のことで、直接安全にかかわるわけではない」として公表していなかった。という。 そりゃ、運転中だとしたら問題外だよ、停止中にやってるのは当たり前といえば当たり前だよ。 待機中の事とはいえ、自覚も危機感も無い。あの地獄絵図のような事故で亡くなった乗客のことを思えば、こんなたるんだ仕事振りは常識では考えられないことだ。 やっぱり、JR西日本は何も変わっていないのだ。

遠藤前農相

玉沢元農相

鴨下環境相

若林農相

丹羽元総務相

・・・・・・・・

日替わりで出てくる閣僚達の呆れた、杜撰なだらしの無い金銭感覚。それでもって一円以上の領収書添付にも反対している。盗人が、犯罪を続けられるように法律を厳しくすることに反対していることと同じことが言える。

こんな犯罪者だらけの自民党にこの国の舵取りを任せていて良いはずが無い。徹底的に浄化することしか自民党の復活の道は残されていない。それなのにアベチンゾーは

「問題ないと聞いている」

と他人事。どうやらアベチンゾーのお頭のねじは完全に緩みまくってしまった模様。誰も締めようとは思わない。

もはや、崩壊へのカウントダウンは始まった。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

「社内処分で会見なし」TBS役員19人こっそり処分

 TBSが一連の番組不祥事の責任を負う形で、役員19人の減俸など計32人をこっそりと懲戒処分にしていたことが5日分かった。処分は3日付だったが、同局は処分内容を自主公表しておらず、報道機関としての説明責任の姿勢に疑問の声が上がっている。

 TBSは処分内容を社内で発表しているが、社外に向けては自主公表していない。「社内の処分については、これまでも発表してこなかった。会見などを行う予定はないが、問い合わせには答えている」(広報部担当者)としている。

 こうした姿勢に放送評論家の志賀信夫氏は厳しい見方だ。

 「処分が下った時点で視聴者に説明すべきだった。一連の問題にTBSは非を認め、謝罪をしている。ならば、それらに対して責任を取ったことも、番組などで自主公表するのは当然。視聴者とともに番組、会社を作っているという感覚が欠如しているのではないか」


一連の番組不祥事、コソコソと役員の処分をして視聴者への説明は一切なし。報道機関としてサイテーだ。視聴者への説明ナシで社内的な処分で済まそうという考えは、根本的に反省の気持ちは感じられない。

この会社、下のリンクでも分るように捏造、やらせ、盗聴、偽装、隠蔽のオンパレードの会社だ。事故を起こしても公表もせず、警察への通報もしない。つまり、隠蔽するのだ。知られなければ、自分に都合の悪いことは闇に葬ろうという体質の会社なのである。その集大成が今回のコソコソ処分と言えるだろう。

こんなサイテー報道機関「TBS」は報道、およびジャーナリズムから手を引いたほうがいい。驚きのTBS不祥事の数々を見てみよう。

オウム真理教を凶行に走らせてTBSのビデオ事件

都知事テロップ捏造事件

「オウム10年目の真実」やらせ事件

「ダッグアウト」での盗用、そして偽装工作事件

白インゲン豆 ダイエット事件

TBS「KUNOICHI」収録中に感電事故 総務省や警察、消防当局に通報せず

TBSまた不祥事 2ちゃん映像「捏造」 (HEROでのヌルヌル秋山を擁護する方向へ世論を向けようとした捏造掲示板2ちゃんねる問題)

新SASUKE2007での芸人事故 マタマタ総務省や警察、消防当局に通報せず

江口ともみ腎臓を損傷摘出事故事件 安全に対する警告がありながら強行

『スポーツマンNo.1決定戦 芸能人サバイバルバトル』骨折事故事故の公表や警察への通報せず

ハニカミ王子の同伴競技者への盗聴依頼事件

そして極めつけの

みのもんた「朝ズバ!」不二家捏造事件

その他 探せば幾らでも出てくる出てくる。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

呆れ返って放心状態です。2ヵ年の納得できない年金の空白期間が発覚したオイラにとっては、他人事ではありません。


職員横領 3億4000万円 年金保険料・給付金 社保庁と区市町村

 社会保険庁職員や区市町村職員らによる年金保険料などの横領が総額三億四千万円余りに上ることが三日、社会保険庁の調査で明らかになった。同日開かれた総務省の年金記録問題検証委員会(座長・松尾邦弘前検事総長)に報告された。社保庁職員によるものは計五十件一億四千万円余、区市町村職員などによるものが二十三都道府県の四十四自治体で計四十九件二億円余。区市町村職員の横領についてのまとめは初めてで、年金記録不備問題をめぐる国民の不信感がさらに高まりそうだ。 

 社保庁職員については、一九六二年度の発足以来の横領を調査。五十件の内訳は、年金保険料が二十二件(約三千四百万円)、年金給付金が十三件(約八千万円)、健康保険関連の給付金などが十五件(約二千八百万円)。うち一千万円以上の横領が三件あり、最高額は約四千四百万円。三件で被害弁済ができていない。処分は免職四十一人、停職三人だが、その他は死亡や退職などで処分されていない。社保庁職員の五十件のうち二十七件を刑事告発し、そのうち十件が有罪判決、十四件が不起訴、捜査中の事例も三件ある。告発したかどうか不明なものが一件、警察に相談したが告発に至らなかったものが七件、告発していないものも十五件ある。

 また、自営業者らが加入する国民年金制度が発足し「国民皆年金」が始まった六一年度から二〇〇一年度まで、国民年金保険料の収納事務を扱っていた区市町村については調査の結果、六六-二〇〇一年度に横領の報告がされた。一千万円以上の横領四件のうち、最高額は岡山県浅口市(旧寄島町)の約六千二百万円(七五-八一年度、公表済み)。同委員会の松尾座長は「社保庁については類似ケースの有無も含め分析する。区市町村については初めて報告を受けたので、生データを入手して立ち入った調査をしたい」としている。



このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

呆れ返って顎関節脱臼をしてしまった今回の辞任劇。このまま行ったら自民党議員が居なくなっちゃう錯覚にも陥るほどの腹黒い議員の群れ=自滅党。まるで茶番劇を見ているような低レベルな第二次アベチンゾー内閣。この首相の頭の中ってホントにカラッポなのではないだろうか?今日のぶら下りのインタビューの顔は、能面のように無表情で人間味の無い、無機質な表情で背筋がブルブルっとしたのはオイラだけであろうか?

アベチンゾーの腹の中は(僕は一生懸命やっているのに、いつも回りの閣僚たちに足を引っ張られて、参っちゃうなぁ。ボクはお父ちゃんの意思をついで総理に居座り続けなきゃいけないし、お爺ちゃんの意思をついで戦争のできるウチュクチイ国にして、歴史に名を残すつもりなのに皆で足を引っ張るのが悪いんだ><;。でもボクは負けない。国民だってきっとボクには評価しているハズだし、支持率だって上がっているんだもん。やめろっと言われても、絶対ボクは辞めないぞ!)って思っているんだろう。

それにしても、「麻生太郎幹事長らは、坂本由紀子外務政務官が同様の問題発覚を受け辞任したことや、同支部が政治活動費の領収書を5重に計上した可能性があることから「(対応に)整合性を取る必要がある」(幹部)として離党を促す方針」と言うことであるなら、絆創膏赤城やらマダム寿司小池百合子だって同じ穴のムジナじゃないの?その他、双子のノルディックスキーの金メダリストの荻原健司だって、松山政司経産政務官だって他にもウヨウヨといるんじゃないの?この際だから怪しい政治資金の収支の政治家は野党も与党も問わずに徹底的に洗い出すほうがスッキリして良いのではないでしょうか?もっと大切な事が沢山あるのは承知の上だけど、ここでウヤムヤにすればいずれ又誰かが問題視されて政治がストップしてしまう。

こんなくだらない問題がトップニュースになるようなことは国民にとっても不幸なことだ。早くまともな政治をしてくれよ!


遠藤農相が辞任 閣僚交代5人目

玉沢元農相が自民に離党届 領収書の重複計上問題で


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

あれだけ政治とカネの問題で国民に不信を与え続けていた農水大臣の問題。思い起こせば「ナントカ還元水」の松岡農水相から始まった。悲しいかな、松岡氏は遂には自らの命を絶ってしまった。過去に類の無い閣僚の自殺という汚点は本来であれば政権の屋台骨を揺るがす問題なのに、誰も責任を取らない。

そして後任の赤城農水大臣も卑劣な政治資金の付け替えをしまくっていた。領収書を示すことも無く、「前代未聞の絆創膏を貼った姿」がクローズアップされ、参院選の自民党敗北の最大要因と言われた。赤城前農水大臣は政治家としては終わった。しかしそれでも誰も責任を取らない。アベチンゾーは総理の椅子にしがみついた。

そして大臣候補への徹底した身体検査が行われ、アベチンゾーの第二次内閣が発足した。しかし発足して数日しか立たないのに出るわ出るわ政治と金の問題が。。。

今度もマタマタ農水相である。遠藤新農水相は農水大臣に任命されたときも「この大臣だけはやりたくなかった。大臣のポストが決まっていく過程で残っているのは農水大臣しかないときに、参ったなぁと思った」と述べた。そこには農水政策に意欲を見せて頑張ろうという姿勢は全く無く、自分のことしか考えていないサイテーの政治家の姿であった。ツルッ禿のスキンヘッドの農水相は半ば開き直りの様な態度で「大臣を辞任する気はない」と話している。

民主党は十日召集の臨時国会で農相に対する参院での問責決議案提出も視野に入れ、厳しく追及していく方針であり、対応を間違えれば一気に解散総選挙へと進む事必至である。
このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

ニュースで荻原健司の不正が指摘されていた。荻原健司って誰だっけ?と思っていたら、あの双子のリリーズ、、じゃなくて双子のノルディックスキーの選手だった人ジャン。確かオリンピックで連覇したり、ワールドカップ個人総合で3連覇という前人未到の成績を残した素晴らしい実績の人。

いつのまにか、自民党にいたんだね。どーでもいいけど、自民党に入った途端政治資金の不正を覚えたのだろうか?スポーツマンとしてなさけない。

それにしても自宅の電気代80000円を政治資金の事務所費の光熱水費として不正に振り替えたってんだから、姑息なヤローだな。

それにしても電気代が80000円って驚くなぁ。家賃並みジャン。よっほどでかい豪邸に住んでいるのか?国中で電気の無駄遣いをしない様にって節電を呼びかけている中、あまりにも無駄遣いなんちゃうの?それを税金で払おうってんだから、まさに盗人だね。金メダルも議員バッチも返上しろよ!


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

出た出た出た出た。いつかは誰かが出してくれるだろうと、期待していた領収証のコピー改ざん。しかもそいつは、今年で70歳にもなる元農水相・元防衛庁長官でもあった「玉澤徳一郎」である。

ホームページを見ると愛称はタマちゃんだそうだ。

新聞によると領収証の改ざんが認められたとのこと。しかし二重三重の改ざんではない。ナント五重塔ならぬ五重計上である。その他偽領収書を10枚使用して370万円以上の金を捻出していたことになる。

タマちゃんは「この程度であれば問題ないと思った。。。と聞いている」と他人事のように話をしているが、370万円もの金額を不正に裏領収書を作って流用していたことが「この程度」と言う認識が、庶民では考えも及ばない。

タマちゃんのブログを読んで内容の稚拙さに、情けなくなってしまった。「なるべく頻繁に書いていく」と書いてあるに関わらず、2006年01月24日からたった、3件しか記事が更新されていない。こんなブログなら、解説しないほうがよっぽどマシだ。

「議員バス」というタイトルの2006年02月21日の記事は、「議員バス」の廃止に対して怒り心頭、気合の入った記事だが、国会議員としては大層稚拙な内容でトホホと思ってしまった。こんなジーさんが政治倫理審査会の会長だってんだから、呆れてしまう。

ブログのコメントに、今回のズルに疑問を感じた人はドシドシと書き込みしちゃいましょぅ。


以下タマちゃんのブログから

議員バス [2006年02月21日(火)]

先日の新聞によると、衆議院運営委員会の事務局等改革小委員会は8日の会合で国会議員の宿舎と国会議事堂を結ぶ「議員バス」について廃止も含めて検討していくことを決めた、とある。

冗談じゃない。

理由は「公費の無駄遣いだから」だそうだが、理解できない。聞けば、国会議員は専用車を持っている場合が多く云々・・・である。

私は九段の宿舎にいるが朝は宿舎の食堂で納豆定食を食い、議員バスで出勤してきた。当選以来ずーっとそうだ。まずは先の国会で九段宿舎の食堂が無くなった。今度はバスの話が持ち上がった。勿論役職によって委員長専用車や大臣専用車の世話にはなってきたが、自家用車出勤はしないことにしてきた。議員宿舎のほとんどは家族を選挙区において単身赴任、若手ならばなおのことだ。

今では夜のうちに朝のパンと牛乳をコンビニで買って用意しそれを食って、朝は7時40分のバスに乗る。たいてい14~5人は乗っている。バスの中は与野党一緒で直近の議題等についてこんな意味なんだとか、与党もこう折れて欲しいとか意見を交わすこともある。それから党本部で降りて後は議員会館やらあちこちの委員会を走り回る。確かに帰りのバス5:00と6:00はわたし一人のときもある。しかし、温暖化防止、二酸化炭素削減などと言っておいて、みんなが自家用車を持っているから廃止、というのはないだろう。自家用車を持っていてもバスに乗ってきて欲しいと言うのならわかる。

だいたい委員会の皆さんは議員が働きやすい環境を整える努力のほうを考えて欲しい。今バスが無くなったら現在の予算委員会は理事懇が8時20分からだから部会などに間に合うのか?宿舎の食堂がなくなったときもそうだ。食堂をフルに活用している人たちの意見は少数意見でつぶされてしまった。

私の行くコンビニで民主党の諸君たちも弁当を買って帰るらしい。議員はなんでも贅沢三昧している、というまちがった考えは改めて欲しい。生活環境を整えて大いに国民のために働かせる、そのための話し合いをして欲しいものだ。

もちろん、国民のために働いていない、と批判されない不断の努力を続けることが議員にとっての大前提だ。その覚悟は心得ている。


いやはや、しかし・・・


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

ここのところ、ブログを書く元気が失われていました。

夏ばてか?と思いきや、体は元気だし。考えさせられる事件も日々起きているから話題には事欠かない。ニュースや記事を見るにつけ、気持ちばかりが先行すれどなかなかキータッチが進まなかった。

同時進行で4冊の本と雑誌を読んでいたことも、ブログの書き込み時間を削っていたことも確か。でも考えてみたら、以前は色々な方のブログ閲覧も頻繁にしていたしコメント書き込みもしていたが、最近は他の人もブログを見るパワーもなくなっている。

考えるに、先の参院選を境に少々思考が停止しているような気がする。歴史的惨敗の自民党の総裁の開き直りでとKYが余りにも醜く、ブログで批判をするのもバカバカしくなってしまった様である。

しかし、口の曲がったアルツハイマーでもわかる発言の金持ち麻生が幹事長になったことだし、頑張って書くとするかぁ
このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

名古屋城 2007-08-25
名古屋に来ています。ウエスティンキャッスルホテルからの羨望は素晴らしいものがあります。
P1000162.jpg

日本中で名古屋は一番元気があります。業界内の売上も東海支部がNo1。続いて九州支部と続く。東京は元気がない。本物志向の製品は東京の様な大都市圏では予算配分の争奪戦になるなか、安値合戦と化してしまうから、土俵からコロゲ落ちる。東京の様な動きはいずれ、地方へも波及していくだろう。
それにしでも驚きは錦の夜かなぁ。びっくりした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。